**女性なら誰だって、美肌で美人でいたい!! 肌挫折を経験したマシュマロ星人より、オーガニックコスメ、ケミカルコスメを実体験レビューを絡めて紹介していきます。**



FC2カウンター



プロフィール

マシュマロ星人

Author:マシュマロ星人
こんちは。見た目と中身のギャップが激しいマシュマロ星人27歳です。
@コスメでも口コミストなコスメ大好き子。
有難い事にお肌よく誉められます♪
そのせいか、周りの悩める小羊達の相談をよく受けます。

結構辛口ですが、どうぞよしなに~。

コスメを語る上での必須条件↓

   **マシュマロData**

顔:よく白人系ハーフと間違われる顔
  輪郭は面長~・・・  
肌質:薄くて乾燥しやすい敏感肌。
   きめ細かく白い。ブルーベース。
髪質:多い、柔らかい、癖強し。
体型:中肉中背なで肩。なぜか華奢とか言われる謎。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
今日のテーマは・・・

昨日、日焼け止めのお話をした時に出てきた

紫外線吸収剤

および

紫外線散乱剤

について!!

日焼け止めの日焼け止めたる由縁の物質ですね(笑)

名前を見れば、なんとなくどういう物か分かると思いますが、
どのように紫外線を防御してくれるか・・・詳しく見ていきましょう!!


●紫外線吸収剤●

代表的な吸収剤:ケイ皮酸誘導体(メトキシケイ皮酸オクチル等)
               パラアミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABAオクチル等)
               ジベンゾイルメタン誘導体(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン等) 

一見、肌が紫外線を吸収してしまうようにも思えますが、吸収剤自体が紫外線を吸収してくれます。
そして吸収した後に、熱や赤外線などに化学変化させて放出します。
吸収剤は高SPF値を簡単に出せ、汗にも強いので広く使われています。

しかし、難点もあります。
それも決定的な難点が・・・。

この化学反応は非常に活発であるため、分解して肌に触れるとかゆみや肌荒れの原因を引き起こす時があるのです。
お肌に大きな負担を与えるという悲しい事実がっ。
(故に、何年か前にSPF値の最高値は50までとされました)

更に、「酸化」という問題が。

紫外線吸収剤を化粧品に入れるためには、油分を多く使用するので「酸化」しやすいんですね。
「酸化」という問題は、化粧品を使う上では避けては通れないものですが・・・。
肌の上にのせている化粧品が酸化すると、細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせていきます。
ま、ままま正に老化の原因ですな!!あわわわ(@д@;)ノ
アンチエイジングコスメには、抗酸化に重点を置いた物も多いですものね。

そう、紫外線吸収剤は、「酸化」による肌への影響力が高いのです。
長時間の使用、連続使用、毎日使用は肌(角質層=バリアー)の持つ基礎体力を損なっていきます。

短期的で分かり易い影響では、前述のようにカブレや赤味を引き起こす事があります。

私はまさにこの症状が当てはまります。
前回、紫外線吸収剤を使用しているものは合わない事が多いと申しました。
他の化粧品ではありえない酷いカブレ方をする・・・というのが私にとっての日焼け止め。
ファンデーションでも、夏用で日焼け止め効果が高い物はカブレがちです。

そんな訳で、私は日焼け止めやベースを選ぶ時は、なるべく吸収剤入りは避けています。

まーしかし、私のような場合はある意味分かり易い。

多くの方に認識していただきたいことは、

顕著な症状がなくても、内部で炎症を起こしていて気づかず使用している場合がよくある!

ということ。
酸化によるダメージの特徴は、じわじわと肌(角質)を傷めていくという点。
つまりダメージに気づきにくいんですね。

バリアーである角質がそこそこに耐える力を持っている場合、
生きた表皮細胞がすぐに被害を受けるわけではない。
だから気づきにくい訳です。
(私のように角質層が極薄い場合、顕著にダメージを受けるんです。なので、美白のために角質層を薄くしすぎるのは問題なんですよね。)
本人に自覚がないだけにやっかいですなー。

一般的に、散乱剤より吸収剤の方が紫外線防御力は高いですが、肌負担は大だと考えて下さい。

最近は、カプセルに包んで直接肌に触れさせないという技法もでてきています。
だからといってOKとはいかないのが難しいとこですが・・・。

まあ、どちらにしろクレンジングはしっかりして下さい。
落ちにくいということは、クレンジングに注意が必要という事です。
洗浄力の強いクレンジングでの洗顔も、お肌弱い人には避けたい事なので、やはり吸収剤使用はあまりお勧めできませんね(´-`;)

ちなみに、紫外線吸収剤は一品目の添加量が制限されています。
しかし一品目ごとに制限されていても別種の物を加えることには制限がありません。


●紫外線散乱剤●

代表的な散乱剤:酸化チタン、酸化亜鉛(白色の無機粉体)

その名の通り、紫外線を反射・散乱させてお肌に届くのを防ぎます。
吸収剤無配合・ノンケミカル日焼け止めっていう場合は、こちらに相当すると考えて下さい。
お肌の弱い人にはこちらがお勧めです。
(個人的には、お肌が強いと思っている人でも、普段使いはこちらがお勧め)

チタンとか亜鉛とか、酸化させた金属を使用しているので金属アレルギーを誘発するのでは?という疑問があると思います。
私も、吸収剤入の日焼け止めをデコルテにつけている時に日に当たると、ネックレスが当たる部分が赤く痒くなるので、金属アレルギーの気があるのかもとちょっと不安だったんです。
でも、大丈夫みたい。ミネラルファンデも同じようなもんですね。
ほとんどの人には心配ないようです。

チタンは安定度の高い金属元素。
骨折時やインプラントで体内に入れる事もあり、金属アレルギー用ピアスなどにも使用されています。亜鉛は食物に多く含まれる金属元素で、体内に含まれる金属元素のうち鉄についで2番目に多い元素でもあります。
2つとも、比較的アレルギーが起きにくい素材といえるようです。
余談ですが、金属アレルギーのほとんどはニッケルが原因だそうですよ。

さて、お肌に優しい散乱剤ですが、もちろん欠点はあります。
利便性に関しては、紫外線吸収剤の方がよいんですね。
白浮きしやすい事と、長時間保たないという点が大きな欠点です。

まず、白色の粉体を利用しているので白くなりやすい。いわゆる白浮き。
仕上がりが能面みたいになってしまう場合があります。
特に色黒の方にとっては、大きな欠点といえますね。
最近、伸びのいい超微粒子の酸化チタンや酸化亜鉛も開発されています。
白っぽさも目立たなくなってきてはいるようです。

2つ目が、粉体故にどうしても飛び易いという事。
肌についたパウダー量によって大きくUV防止効果が左右されるのに、
汗や物理的な肌摩擦により移動しやすいんですね。
長時間となると、こまめなメンテナンス(塗直し)が必要になってくるという点がやっかい。

まれにですが、散乱剤自体が紫外線を浴びることでお肌に有害な活性酸素を発生させることもあるようなので注意しましょう。

こういう点を踏まえると、日焼け止めは時と場合によって使い分けるのがベストですね。
私の場合は、紫外線吸収剤入りの物は即効でカブレることが多いのでダメですけど・・・。

例えば・・・
①強い紫外線に長時間さらされる、汗をたくさんかくと予想される場合
→紫外線吸収剤を使用した日焼け止め+フィット力の高いファンデーション

②それになりに日常紫外線を浴びる場合
→紫外線散乱剤を使用した日焼け止め+ファンデーション

③そんなに紫外線の心配が強くない場合
→紫外線散乱剤使用の日焼け止めのみorファンデのみ

ただ、私のような肌タイプの方は①が非常に困りどころですよね。
紫外線吸収剤タイプがほぼアウトな訳ですから。

前回の最後に書いた通り、私も①の場合については模索中です。
今のところ、散乱剤系のノンケミカル日焼け止め+ミネラルファンデ+シルクパウダーとかが多いですね。
シルクパウダーは若干紫外線防止効果があるんですよー。
ミネラルファンデはSPF15くらいあるパウダータイプを、仕上げにかけてみたりします。

あとは、やはり帽子!!
あるとないでは全然違うんだよ、これがまた!!

皆さん!!
紫外線対策は、「肌から遠いところから考えてあげるのが1番」だという事はご存知でしょうか?

私は帽子は似合わない物が多いし、お洋服だって夏はタンクトップとかショートパンツが好きです。
でも①のような場合、他にどーしようもないというのも手伝って、大人しく帽子をかぶるようになりましたね。
試着の嵐ですよ、ええ。
私は日傘は好きじゃないので・・・。
(手がふさがるのが嫌なのと嵩張るのが嫌なの・・・)

やたら厚着になるのはTPOにそぐわないのでNGですが、
紫外線大量摂取が予想される日はパンツや袖の丈は気を遣いましょ!


*お勧め紫外線吸収剤使用日焼け止め*
エポラーシェ/UVデイクリーム&ベース

エポラーシェ UVデイクリーム&ベース 30g/5460円

ま、また写真がでかい・・・。

ショップチャンネルとかだと4830円とかで買えます。(送料630円なので結局一緒か)
あまり店舗販売してないので、ネット通販中心ですね。

SPF45・PA++、無香料・無鉱物油、ノンアルコール・ノンパラベン、タール系色素不使用。
ただ、紫外線吸収剤・散乱剤併用です。
先程ちょっと触れましたが、吸収剤はマイクロカプセル化されているようです。
全成分を見ても、決して素晴らしい訳ではありません。

しかし、なぜかコレ使えます。私は。

もちろん毎日なんぞ使用しませんが、先に挙げた①のような場合はコレ使いマス。
2~3日くらいなら、連続使用しても大丈夫でした。
SPF45もないと思いますけどね・・・。
化学成分も多いだけに、ベタベタせず使い心地も悪くないですよ。

私がケミカルコスメを完全に排除しないのは、こういうのがあるからなんですよ。
逆に、オーガニックコスメでもダメなものは結構あるし。
用途や自分の肌に合わせて、上手に使ってあげるのが1番だと思います。

先週に続き、今週末もスタジアム行くからなぁ。
そろそろ紫外線対策も楽になってきたけど、気をつけんとねー。

次はミネラルファンデについてでも語ろうかな、と思ってマス~~(^^*)/
そりでは!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
チャイルド・ケアワーカーは、保育の知識だけではなく、保護者の支援などを含めた専門知識と技術を備えた、現代保育の専門家である http://maladjustment.wglorenzetti.com/
【2008/10/26 03:10】 URL | #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。